#1 益 春菜  物語
2008年 全日本モトクロス選手権レディスクラスチャンピオン


プロフィール


crew OHG

Author:crew OHG
★当ブログは益春菜選手が執筆/管理しているものではありません

益 春菜選手の活躍を様々な角度から紹介させていただきたいと思っております
更新は断片的、不定期となります
掲載画像、本文等の無断転載はお断りいたします
ご感想、ご意見など、下記までご遠慮なくお寄せください

管理人/crew OHG
mxharuna☆yahoo.co.jp
(☆→@に変更のうえメール送信してください)



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (0)
モトクロス (11)


FC2カウンター




検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.03.08  いよいよ来週!開幕です!! <<00:01


開幕03

2009開幕ポスター
春菜ファン、MXファンの皆様、いつもアクセスいただきありがとうございます。
しばらくの間、『物語』を中断させてしまい、お詫び申し上げます。
まだまだ、春菜選手の物語は続きますので、どうぞよろしくお願いいたします。 crew OHG

09開幕02
今シーズン、春菜選手はレディスクラスにてV2目指して万全の体制で挑みます。
また、激戦のIBクラスにも#76にて参戦いたします。
両クラス併せて、ご注目、ご声援よろしくお願いいたします。
09開幕01
開幕の舞台は、温暖な九州熊本。阿蘇山麓のHSR九州です。
昨年は、足を骨折してしまいました。
決勝出場はドクターストップとなりましたが、自身の意志により出走。
あろうことか、優勝のチェッカーを受けたのでした。
激痛に耐えながらの絶妙なマシンコントロール、1勝への強い執念が今シーズンの#1プレートへと繋がりました。

お近くの方、どうか開幕戦を生でご覧ください。
パドックでは、チームトラックの『通称・赤トラ』が目印です。
そこに春菜選手は居ます。テレビ出演(TBS/金スマ)のまんま、彼女の勇姿&笑顔を、ぜひご覧ください。

09開幕04



No.17 / モトクロス / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2009.02.01  益 春菜/栄光への軌跡 【6】 ”あの日の近畿戦”  <<12:44


近畿戦013
05年、この年の開幕戦も名阪スポーツランドだった。
どの大会も、全日本選手権開催前には各ブロックの地方戦が開催される。
ローカル戦ながらIB~IAトップライダーのほとんどがこの前哨戦に参戦するため、たいへん興味深い一戦となる。
まして、開幕直前とあって、各ワークスチームは本番さながらに開発スタッフまでも顔をみせる。


近畿戦007
3月とはいえ、路面は凍結し周囲は雪化粧。
名阪国道沿いの山間部にある名阪スポーツランドの気温は0℃だった。
春菜は、レディスクラスにCR85、IB125&オープンクラスにCRF250を持ち込んだ。
昼前には陽が射し、雪が溶けたコースはドロドロとなっていく。


近畿戦001
極寒の中、最悪のコンディションながら、一時帰国で参加した成田亮は、さすがにケタ違いのスピードをみせていた。
近畿戦002
この前年、成田はセキレーシングモトロマンに所属し、プラィベーターながら全日本選手権IA250クラスのチャンピオンを獲得していた。
05シーズンは単身渡米し、AMAスーパークロス、ナショナルで活躍することとなる。



近畿戦010
まだ春菜は、セキレーシングモトロマンのメンバーではなく、系列チームのクラブモトロマンに所属していたが、活動そのものは父と二人三脚。愛犬ジュンも遠征に加わり、明るい笑顔で開幕に備えようとしていた。
通常の練習は、オフビレがメインであり、全日本開催のコースまで事前練習に出向くというのは、
父の勤務の関係もあり時間的に不可能だった。
寒く、コンディションも最悪ながら、春菜は慣れないコースを走るのが楽しかった。
ほっぺを赤らめ、ブルブル振るえながらも「やるぞっ!」と意気込んでいた。


近畿戦006
前哨戦であるため、リザルトはまったく気にせず、本番を見据えながら走るのが目的だった。
近畿戦004
ところが、レディスクラスではフィニッシュジャンプからコースアウト転落。
身体のダメージは少なかったものの、あわや、凍りついた水溜まりに飛び込むとこだった。
近畿戦009
IB125クラスでは、オープニングの混乱の中、深いワダチにすくわれ転倒。
後続車に突っ込まれ、続々と轢かれてしまった。
近畿戦005
IBオープンは最も悲惨だった。コース奥の高速セクションで転倒し、全身に大きなダメージを負ってしまう。
顔も頭も踏まれてしまった。
転倒直後、意識はしっかりしていたが動けない。全身が痛かった。しかもマシンは重い4スト250。
85ならまだしも、降りしきる雪の中、ドロだらけのマシンを起こしてキックするだけでたいへんな体力を要した。
ピットエリアから最も遠い所。父の助けなんか待ってられない。なんとか戻らなければ。
オフィシャルに救援されながらもエンジンを始動させ、最後の気力を振り絞って、なんとか父の元までたどりついた。
近畿戦012
レースはとっくに終了しており、ようやくスタート地点のピットエリアまで戻ると、ヨロヨロと倒れてしまうほど、全身のダメージは大きかった。傷めているヒザも悪化させてしまった。
パドックに戻ると、痛いも寒いもなく、ただ”放心状態”となった。

結果的に、この近畿戦は何の収穫もない遠征に終わった。

近畿戦011
幸いにも、救急で病院に搬送されるほどではなかったが、どうしてハタチそこそこの娘が、
ここまでズタボロになりながらも戦うのか…。


No.15 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.06  益 春菜/栄光への軌跡 【5】 ”決戦の刻” <<04:41


IA2ヒート1の表彰式が終わると同時に、プログラムはレディスクラス決勝へ向けて進行する。
全日本選手権の場合、次のレース(決勝ヒート)出走者は、予選結果順にウエイティングエリアで待機させられる。そこは、スターティングゲートの真後ろであり、並びは「速い者順」に横一列だ。
極めてわかりやすい絵面である。
決戦の刻001
オフィシャルの合図により、速い者から順に一人づつマシンを押してグリッドに向かう。
最初にグリッドに入ったのは#1鈴木沙耶選手。中央のボックスから1台空けて陣取った。
予選が2組あった場合、それぞれ1位のライダーから順にグリッドを自由に選択できる。
予選B組でトップの沙耶選手がベストタイムをマーク。春菜は予選A組でトップながらタイムでは一歩及ばなかった。春菜は沙耶選手から1台置いてイン側にマシンを並べた。
決勝進出30台全員がグリッドにつくとサイティングラップでコースを1周する。
最終的なコース状況の確認だが、春菜は余計な事は考えたくなかったので、いつもより速度をあげて周った。今にも破裂しそうな心臓は悲鳴をあげていたが、そこそこのスピードで走ることによって何とか抑えることができた。
というより、このサイティングラップ時、何を思い、何を感じていたか、記憶は一切残ってないという。

スタート2分前のボードが掲げられ、いよいよ正念場…。
極限の緊張から、頭の中は真っ白になっていた春菜。
『1位でゴールしたい』『いや、絶対に1位で決めてやるんだ』という強い決意。
それ以外何もなかったが、不安な気持ちもまだ少しだけ残っていた。

15秒前のボードが出た時の記憶は今でも鮮明に残っている。
「やるだけやってみよう。これから走るのは私なんだ。私のレースなんだから。結果はどうなっても、自分で受け止めればいいんだ」と、スターティングマシンのバーにだけ意識を集中させた。
春菜、沙耶選手が選択したグリッドは、名阪では王道な位置。
互いにギャンブルは避けていた。
他のどのクラスでも予選上位者は、この辺りから若干イン側までを選択してホールショットを狙う。


14時27分33秒。運命のバーは倒された。
決戦の刻002
決戦の刻003
春菜はいつものように正確なタイミングでスタートダッシュを図る。
4スト150Fを得て以来、スタートには絶対的な自信を持っている。
自信の裏付けは、練習量だった。理屈ではなく身体がマシンを加速させる。
沙耶選手は隣のライダーに絡まれ、トップ集団から遅れてしまっていた。
決戦の刻004
春菜の視界には、誰もいない。このまま1コーナーを抜ければトップだ。
ところが、春菜より4台イン側グリッドを選択していた#100安原さや選手が、ストレート後半で抜群の伸びをみせる。
春菜に並ぶどころか身体半分前に出た。
決戦の刻005
さや選手は突っ込み鋭く1コーナーで春菜のインを押さえた。
春菜は「やばっ!ホールショットやられた」と思った。
決戦の刻006
しかし、「やられた」と判断した瞬間から冷静になることができた。
決戦の刻007
さや選手は巧みに1コーナーをさばく。理想的なラインから、アウトに膨らみながらスピードを乗せていく。
春菜はフルブレーキングを解放し、さや選手のアウト側に向かって加速した。
アウトから抜けないのは承知の上。しかし、このまま、さや選手の真後ろにつけたのでは、右昇りとなる1コーナーでは十分な加速が得られない。
ライダーの本能からか、瞬時にマシンをアウトに振る。全開で大きなRを描きながら加速するが、あいにくアウトラインの路面はサンドが柔らかく、思ったほどの加速は得られなかった。
続く2~3コーナーでも、さや選手の前に出られないままのオープニングとなってしまった。

『惜しい。出られなかった』のように映ったのだったが、それは違っていた。
春菜は、スタート直前までの緊張がウソのように冷静になっていたし、身体の動きも軽かった。
逃げるさや選手の動き、轍、ギャップ、石ころ一つまで、いつもの何倍もよく見えていた。
「あの時、もし、スタートからすぐにトップになってたら…。ダメだったんじゃない?」と笑いながらレースを振り返る。


ライダーなので、いつ何時でも前車を抜く気構えはある。
しかし、このオープニングから2周目にかけて、焦る気持ちは皆無だった。
熱い戦闘意欲は『待つ』に変わった。
決戦の刻008
「終わった今だから言えるんだけど(笑)。あの時はホント、集中できてたかなァ。仕掛けるタイミングを計るとか、際どいとこ狙うとかじゃなくて『空いた(ラインが)ら抜こう』って思いながら走ってて。いつもの私なら焦っちゃってジタバタしながら仕掛けまくり?だったかも」と、誰よりも楽に序盤周回を重ねていた。
さや選手との距離は適度に計りながらも、スキさえあれば、その瞬間を捕らえる準備を整えていた。さや選手のペースも決して遅いわけではなく、ウデアガリもあるにはあったが、いつものようなパンパン状態ではなかった。
そして3周目、コース中域の轍の掘れているセクションで、さや選手のインが空いた。
春菜は、すかさず次のコーナーでフロントタイヤをイン側の轍に滑り込ませた。

あっさりとトップ進出を果たすと、ソコはもう200%自分だけの世界だった。
決戦の刻009
まだ、3周目ということもあって周回遅れもいない。
コースコンディションは最高で、ホコリも泥水もない。
まるで、春菜のためにお膳立てされたような空間だった。

何も余計なことを考えず軽快に飛ばした。
いつになくマシンが軽かった。
しゃかりきに全開じゃないのに、滑らかに景色が流れていく。

気持ちよかった。

事実、5周目にベストラップを刻んでいるように、トップにたってからの春菜は、08シーズン、いや、これまでのレースキャリアで最高のライディングをみせていたのかもしれない。


決戦の刻010
レース中盤、春菜は、トップ独走の快感を味わいながらも、どうしても気になることがあった。
女王・鈴木沙耶のポジションである。

春菜の背後には先ほどパスした、さや選手がそのまま追従してきている。
後ろを振り向くまでもなく、沙耶選手がまだ迫ってきていないことが春菜の心を揺さぶった。

「沙耶ちゃん、どうしちゃったの?。まだ来ないじゃん」と。


決戦の刻011



No.14 / モトクロス / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.03  ☆謹賀新年☆ <<19:36


謹賀新年
明けましておめでとうございます。
物語の更新は不定期となりますが、
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。      crew OHG

春菜選手の近況はコチラです。


No.12 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.31  管理人より <<17:05


MXファンのみなさま、春菜ファンのみなさま、よいお年をお迎えください。 2008,12,31crew OHG

大晦日



No.11 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.30  益 春菜/栄光への軌跡 【4】 ”最後のサイン” <<19:30


2008122015010001.jpg081221_0947~01【画像提供/鈴木沙耶・益 春菜】

今年は、かつて経験のない、多忙なオフとなった。
しかし、春菜は、その忙しさも楽しくこなしながら日々を過ごす。
テレビ番組(TBS金スマ)の収録、スポンサーへの挨拶まわり、ほぼ毎週のように開催されたイベント、パーティーや表彰式にも招かれた。
その間にもトレーニングは欠かさないが、どうにか体調は崩さないまま年の瀬を迎えることができた。

最後の練習を終え、モトロマンに戻ってからレースショップの片付けと整理をしていたら、今季使用していたデカールセットが残っていた。

最後のサイン003

「ゼッケン2かァ。私はやっぱりコレが似合ってたかな…(笑)」と、落書き?を始めたのだった。

No.10 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.30  管理人より プレゼント当選のお知らせ <<16:40


当選001
いつもアクセスいただきありがとうございます。
前回、ご案内いたしましたプレゼントのお知らせです。

アクセス”01867”をゲットされました、しゅん様(宮城県・24歳・男性)からお便りいただきました。

しゅん様には、春菜選手からプレゼントをお贈りいたします。

春菜選手からのコメント
『応援いただきありがとうございます。
ラッキーナンバー?ということで、おめでとうございます(笑)。
管理人さんから言われたのが急でしたので、何もご用意できませんが、
お世話になってる書道の先生にいただいた色紙に、私のサインを加えさせていただきました。
ちょっぴりレア??な写真も貼ってますので、記念にどうぞ。
しゅん様、みなさま、よいお年をお迎えください』
                              08、12,30   春菜       


発送は、1月5日以降となりますのでご了承ください。 crew OHG


No.9 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.27  管理人よりプレゼントのお知らせ <<07:30


プレゼント

開設以来ほんの数日ですが、春菜選手自身のブログダーヌポさんの紹介掲載により
多くのアクセスをいただき、ありがとうございます。

当初、「まだまだ先のこと」と思い、公表はしてなかったのですが、
急遽、プレゼントのお知らせです。

☆アクセスカウンター01867番をゲットされた方、
春菜選手の直筆サインをお送りいたします。

・ゲットされた方は管理人までメールにてお知らせください。
 mxharuna☆yahoo.co.jp(☆→@に変換してください)
・必ずアクセスカウンターの写メ画像を添付ください。
 画像がない場合、無効とさせていただきます。

まさか、こんなに早くカウンター数が上がると予想していなかったもので、
実はまだ何も準備しておりません。
開設当初、「01867番をファンの方が当てたら、春菜選手のサインかなんかプレゼントせなあかんのんちゃうん?」と漠然と考えていましたが、
さきほどカウンターを見たら1300でしたので慌てて告知…とさせていただきました。

携帯からアクセスの方はカウンターが表示されないかもしれませんので、申し訳ございませんがご了承願います。

                              crew OHG



No.8 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.27  益 春菜/栄光への軌跡 【3】 ”応援バナー” <<01:11


この日、TKはノリにのっていた。
ランキングトップの平田優が直前の負傷により欠場となり、
タイトル奪取への意欲が全身から溢れんばかりの激走をみせた。
響け天まで001
IA2ヒート1、トップでフィニッシュすると、その場にヘタリこんでしまう。
「ハァハァ」と激しい息使い。全力を果たした姿がそこにはあった。
響け天まで003
TKは、春菜の元チームメイトであり、続くヒート2でもアグレッシブにトップを走っていた。
IA2ヒート2はレディス決勝の直前に開催された。
落ち着かない心境の中、春菜にとっては他のレースなんか、今はどうでもいい。
TKは、このヒート2も制覇しピンピンを決めた。
ヒート1同様、フィニッシュ直後は転がり落ちるようにマシンを降り、メカニックに託した。
やはり全力を使い切っていた。
フラフラとさ迷うような足取りで、コースサイドの盛り土に一寸でも座ろうと歩んだ。
響け天まで002
2ヒート完全制覇達成の喜びを噛み締め、極限の疲労をほんの少しでも癒そうと座り込んだ盛り土。
スタートから1コーナーに向かうストレートのアウト側。

偶然にも、そこは春菜への応援バナーが掲げられている所だった。


響け天まで004
TKこと勝谷武史。
神奈川県出身でキッズ時代から増田一将らと将来を有望視され、オーストラリアで活躍。
99年にIA125チャンピオンを獲得し、KRT~HRCのワークスを経てセキレーシングモトロマンに2シーズン在籍した。
春菜が、まだKXに乗っていた03年頃。その日の路面は雨で最悪なコンディション。深いワダチでフィニッシュライン手前には1本しか通過できるラインがなかった。ちょうど、全日本の事前練習ということもあり、多くのIAライダーも走行していたが、その中、ヨタヨタしながらも春菜は懸命に走っていた。「絶対に停まっちゃいけない」そのラインで転んでしまう春菜。後続のトップライダー達は大渋滞。そんな中「大丈夫か?」と優しく声をかけてくれたのが、当時KRTに所属していた勝谷だった。春菜は「ワークスの人にまで迷惑かけちゃってサイアク。邪魔してすいません」と謝り、小さくなりながらもササッと脱出して再スタート。「速くて優しくてカッコイイナァ」と思いながら走行していたものの、次の周にまた同じ所で転んでしまう。こんどは勝谷は後ろで停まって待ってくれていた。ラインをふさがれて待ちきれず、通過しようとした他の某IAライダーは沼にハマッてスタックしてしまった。春菜一人が原因で大混乱させたものの、本人はちゃっかり抜け出して走り去ったのだった。
その後、挨拶を交わすようになり、父を交えて何かと話す機会も増えていくのだが、勝谷との最初の出会いも、ココ、名阪スポーツランドだった。

春菜はTKがパーフェクトを達成した直後のレースで初のタイトルを決め、TKは次戦広島以降も快勝をみせ自身2度目のIA2チャンピオンに輝くこととなった。

響け天まで005
幸運の応援バナーを作ってくれた、父の妹”明美ねーさん”と。

No.6 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.12.24  益 春菜/栄光への軌跡 【2】 ”チキンハート” <<00:00


決勝当日の朝。
そこにはピリピリと貼り詰めた空気だけが漂っていた。
チキンハート001
公式練習出走を控え、春菜はいつも通り早めに着替えを済ませていた。
チームスタッフの誰もが近づかなかった。
佐藤健二監督を始めスタッフは百戦錬磨、国内屈指の名門チームである。
これから、今、まさに栄光を掴もうとしているライダーに無用なプレッシャーなどかけるわけがない。
他のクラスに出走するチーム員たちが飲み干した空ペット、脱ぎ散らかされたウエア。
いつもなら、キレイ好きな春菜は片付けたかもしれないが、この時はそんなもの視界に無かった。

春菜は、一人で座り、静かに目を閉じた…。
五感に染み込んだCRFの挙動をイメージし、路面の感触と合わせていく。
「あのコーナーは…、あのジャンプの飛び出しは…」と正確にラインを目蓋に描く。

第8戦名阪ラウンドは、事前に「ほぼタイトル確定」とされていた。
レディスクラス新設以来、8年間女王の座に君臨した鈴木沙耶選手は、
ポイントで追い詰められ、この大会を含め残り3戦全勝以外にタイトル防衛の望みはなかった。
春菜にとっては、これ以上ない楽な展開である。
春菜の順位がどうであれ、沙耶選手が優勝を逃せばチャンピオン決定なのだった。
土曜の予選から、ライディングそのものにも特に問題はなかった。
マシン、コース攻略についても同様に。
なにもかも問題なくスムーズに時間が迫ってくる。
楽観的な見方をすれば、今日、沙耶選手に1位をもっていかれたとしても、まだ広島とSUGOがある。
「ぜんぜん平気じゃん!」と開き直れる気持ちのゆとりも微かながらあったかもしれないが、今はとてもそんな気になれなかった。

生まれて初めての『全日本チャンピオン』が、午後には手に入る。
「ついに今日、私のものになるんだ。日本一なんだ、カッコイイじゃん。やっとハルナ日本一なんだよ!?、えっ、ほんと?…。夢なんかじゃないよね?。ハルナ、チャンピオンだよ!もうすぐハルナが、やっとチャンピオンになれるんだ」そんな喜びというか、生涯で一瞬だけ、たった今だけしか味わうことのできない瞑想を楽しもうとした。一生懸命に楽しもうと努力した。

しかし、現実は楽しむどころか、できることなら逃げ出したい気持ちだった。

チキンハート002
シーズン中盤、猛暑のレースを連勝で制し、リザルト的には好調をキープしていたが、精神的には追い詰められていた。「藤沢くらいから、プレッシャーばかりが重くなって」と、練習どころか、食事すら満足に摂れない状態の日もあった。考えても意味のない事ばかりが春菜に重くのしかかった。

武者震いなのか、不安なのか、揺れる気持ちを押さえてコースイン。
チキンハート004
まだギャップのないコースを、春菜は自分なりに攻め込んだ。
緊張からのウデアガリもあったが、走っている最中は余計な事は考えなかった。
チキンハート005

公式練習を走り終えると、どうしたことか急に涙が止まらなくなった。
決して調子は悪くなかった。
冷静に走れたし、タイムも悪くない。

まずまずイケる感じだっただけに、タイトルが確実に近づいた。
よけいにプレッシャーが大きくなった。

「バッカじゃないの、なに泣いてんだよ」と笑ってみた。
一生懸命自分に言い聞かせてみたが、涙は止まらない。
FB001.jpg
FB002.jpg
FB003.jpg
幼少の頃からのイロイロあったこと、良い思い出も辛い思い出も、何もかもが突然にフラッシュバックし始めた。
「ものすごい速さでビデオの早送りみたいに『場面』だけが浮かんできて…なんでなの?と思ってもどんどん出てきて。もうどうにもならなくて」と、映画のワンシーンに引きずり込まれてしまったような感じだった。
FB004.jpg
FB005.jpg
FB006.jpg
ヘルメットを脱いだ春菜は、汗をぬぐうフリをしてタオルで顔を覆うのが精一杯だった。

パドックでは、いつになく多くの声援が寄せられた。
祖父を始め親戚一同が沖縄から応援に駆けつけた。
ライダー仲間からも「いよいよだね。頑張って」と声をかけられる。
誰もが「気楽にいけばいいんだよ」と。
ファンの声援に笑顔で応えながらも「気楽にって。そんなこと、わかってるって。でも…はぁ、ダメだ」と落ち着かない。

最も身近にいる母は、毎度の事ながら「水は飲んだ?」と何回も繰り返す。
「いいよ、ちゃんと飲んでるよ!いいから静かにしててよ」と春菜。
さらに「もっとリラックス、リラックス」とダメ押しされ、「ったくもう(怒)ほんとウザイんだから!集中できないじゃん」と、コントのようなやりとりが続く。
「こんな大事な時になって『リラックスしろ』なんて言われたらよけい固くなっちゃうし。ぜんぜんわかってないんだから」と言いながらも母親の気持ちも理解できないわけではない。「まあ、母さんはいつものことだから。チームの人は笑ってるし(笑)」と、スタート時刻が近づくにつれ、さすがにプレッシャーは頂点に達した。

ところが、春菜の中で小さな異変が起こった。
この日の春菜は、スタート直前、既にチャンピオンとしての『心』が産まれていた。
ウエイティングエリアで待機する頃には「1位になって決めてやるんだ!」と自然に思うようになっていたのだった。
チキンハート003
決して、気丈にプレッシャーを弾き飛ばしたわけではない。
気持ちの99%以上は不安の塊だった。
しかし、正々堂々、プレッシャーに挑んだ末「絶対に勝ってやる。1位しかないんだ」という結論を出した。
「だって、もし私が4~5位とか中途半端な順位で、もし沙耶ちゃんに何かあって沙耶ちゃんが1位じゃなくて…そんなので『チャンピオン決定』なんてカッコワルイ!。絶対イヤだ」と。

今季は、己にそう言い聞かせることができるまでに成長していたのだった。

そして「お姉ちゃん、しっかり見ててよね」と、静かにつぶやきながらスタートを待った。


No.4 / モトクロス / Comment*0 / TB*1 // PageTop▲

2008.12.24  益 春菜/栄光への軌跡 【1】 ”この1カット” <<00:00


この1カット001

2008年9月7日 14時45分58秒96

この瞬間、益 春菜選手のタイトルが決定した。
自身初の全日本選手権レディスクラス・チャンピオン獲得。
堂々のトップフィニッシュを飾り、自らの手で花を添えたのだった。


モトクロスファンの皆様、はじめまして。
私は、ライター&管理人の crew OHGと申します。
当ブログにアクセスいただき、ありがとうございます。

モトクロスに魅せられ、ライダーに魅せられ全日本選手権へ。
北海道~沖縄まで遠征の旅を楽しみ、幾多の感動、その瞬間に魅せられました。
素晴らしい仲間と出会い、レースという世界の中で約20年の月日が流れました。
写真を撮り、メディアへのレポート執筆、ライダーのサポート…など、
業務としてのMXライフは、現在、一応のピリオドを打っております。

でも、この名阪だけは、自宅で結果報告を待つ…というわけにはいきませんでした。
「春菜選手のタイトルが決まる。かなり濃厚」と、全日本選手権全戦に出向いてた頃と同じように木曜夜には現地入りしていました。
正確には、名阪国道の針インターで待機ですけどね。
奇遇にも、針インターで鈴木沙耶選手と合流しました。
金曜早朝。春菜選手の最大のライバルである沙耶選手と共に、決戦の場となる名阪スポーツランドのゲートをくぐる時、なんともいえない複雑な気持ちになりました。
その渦中にいる人は、我々凡人には計り知れない『チカラ』を持っています。
そのすべて、『人そのもの』が魅力なんですが、現場にいないと感じることはできません。
元々、バイクが好きでこの世界に身を投じたわけですが、マシンには特に深い関心はありません。
ほんの数年前までは完全にオトコだけの世界でしたから、憧れをもってレースを観てました。。
吉村太一さん、増田耕二さん、東福寺さん、伊田さん、光安さん…偉大な先輩方に多くの貴重なお話しを伺いました。まだハマーがIB2年目だっただった頃、初めて北海道遠征に連れていくこととなり、同世代のアニキやタツらと親しくなり、その後、弟のヨッちゃんやダイスらとよく遊んでました。
馬場クン世代以降、全員年下となりますが、憧れとはまた違ったリスペクトな視線で彼らとお付き合いさせていただきました。
今まで、個人的に取材させていただいたライダーはいったい何十人になるでしょう。

時代は流れ、鈴木沙耶という娘が新たな世界を築きあげました。
あまりにも強い女王の存在は、我々に勇気を与えてくれました。
そして、その女王に真っ向から挑み続けるファイターがいたのです。
この1カット003
「あ!あの娘、めっちゃカワイイやん」と、まだ中学生だった彼女をみつけました。
Kawasakiに乗っていた彼女のレースを興味本位に観ていると、けっこうイイ走りでした。
力強く逞しく、開けっぷり豪快にKXを走らせ、アナウンスで「マスハルナ」と呼ばれていました。
その名は、ダートスポーツで知っていたので「あの娘がハルナちゃんなのか…なかなかやるなァ」と。
その後、取材を通じ、何かと話す機会も増えながら今日に至るのですが、
彼女の最大の魅力は『挑戦し続ける強い姿勢』と『女性らしい弱い心』でした。
「チャンピオンになるんだ」という堅い信念を貫きながらも、何年も何年も沙耶選手に勝てませんでした。
いつも表彰台で涙を流している泣き虫だった彼女も、もう22歳。
度重なる負傷、幾多の逆境に耐え、仕事とレースを両立させながらの参戦。
志し半ばで他界した姉に代わって「私が頑張るんだ」という鋼の意志。
このところゼッケン2が完全に定着していた彼女でしたが、2008年の今季、ついに栄光に手が届きました。

その決戦の場となる名阪スポーツランド。
毎年、開幕前には「たまには観に来てくださいよ」と社交辞令で誘われてはいたものの、
ちょうど彼女がCRFにスイッチした年から私はリタイアしていたので、最も近い、弘楽園にブラリと出向く程度でした。
ところが、今季は絶好調。連戦連勝の勢いのまま、どうやら名阪で決まってしまう(可能性大)とのこと。
こうなったら、”その瞬間を見ておかないと”と、仕事や用事をすべて放置して駆けつけたのでした。
そして「その瞬間を撮ったらなあかん。記念にプレゼントしてやれば喜ぶやろ」と。
名阪でフィニッシュを捕らえるには、だいたい場所が限定されます。
でも、ただプレスの一員としてでなく「どうせなら、その瞬間、いちばん近い所で見たい」という欲望にかられました。結局、ただの一ファンだったんですね。
「たぶん、いや、絶対に彼女は片手を揚げたりの豪快なフィニッシュはしない」と予測し、
「ゴールやねんからチェッカーフラッグが入ってなあかんやろ」と、ラスト3周からこの位置でアングルを探りました。レンズは15mm。「ココにさえいればバッチリ」と、チェッカー担当のオフィシャルさんと、別のオフィシャルさんとの立ち位置も完璧に把握し、その時を待ちました。
「最悪の場合(周遅れがカブッたり)、ゴールやねんから、少々前に出たってええやろ(プレスとしてモラルに欠ける行為→恥)」という気持ちもありました。でも「前に出て(コース内に立ち入ってしまう)しまうとガオラに映ってしまうからカッコワリイな」と、極めて不純な理由で正しい位置からシャッターを切ったのでした。

感動のゴールは予想通り、彼女は地味にフィニッシュしましたが、狙い通り、1カットだけシャッターを切りました。
私は、誰よりも近いところから彼女の勇士を見守ることができたのです→自己満足…。
それからは、ピットクルーに囲まれてシャンパンを浴びせられるシーン~表彰式~パドックと駆けずりまわり、私の役目は無事に終わりました。

そして、帰宅してすぐ。
彼女の携帯に送ってあげようと画像をチェックしてみると…。
「まさか!チェッカーに人がカブってるやん!?。ギリギリまでおれへんかったのに!」と、この画だったのです。
一瞬の悪夢でした。二度と取り返しがつきません。ライダーがブレてしまったことなんかこの際どうでもいい。
その、カブッてくれた憎きオフィシャルさんは、往年のIAライダーで我々の先輩・宮森正夫さんでした。
春菜選手のチームスタッフでもある宮森さんが、よりによって…。
きっと、親心で「よく頑張ったな」と3歩前に出て迎えてくれたんでしょうね。
宮森さんはとっても優しい人ですから。
私は大きく落胆し、この画像を春菜選手に送ったのは、すいぶん後日でした。
「いちばん肝心なとこで宮森さんがカブってしまい」と、ツベコベ言い訳すると
「え~っ!?、これ宮森さん?いなかったのに出てきたの?サイコー(笑)」とウケてくれたのが、せめてもの慰めでした。

というわけで、せっかくの春菜選手のタイトル確定劇、そんなにたいした画像はありません。
表彰式に至っては、オロオロ泣かされてしまい、まともに撮れやしませんでした。
ただプレスの特権で「近いとこで見てただけ」に終わりました。

私が久々に名阪に出向き、金曜日に春菜選手と談笑していた時、ちょっと嬉しいやりとりがありました。
この1カット002
「もしハルナがチャンピオンになったら、なんか書いてくださいネ。crew OHGさんがハルナのこと一番よく知ってるんだから」と彼女に言われた事でした。
「よっしゃ、わかった」と快諾したものの、まだ何も手をつけてなく(12月中旬現在)。
コイツ、上手くノセやがって…。

そんなこんなで、急遽、#1益 春菜物語、スタートさせていただきます。
チャンピオン獲得のお祝いに、彼女へ贈ったのはダイソーで買った2枚百円の色紙1枚だけ。
春菜ファン(マニア?)の一人として、私にできることはこのような『軌跡』を残すことだけです。
彼女に喜んでもらえるかどうかは、この際、別問題として。
まあ、ファンというのは一方的でいいんじゃないでしょうか。
いちおう、クリスマスプレゼント?ということで、24日にはアップできるよう、今(12/20)準備しています。

なにしろ、生真面目な彼女とは正反対、極めていいかげんな大人の私です(ちなみに春菜パパと同い年です)。
「書いたるで!」とは大見栄切ったものの、名阪~広島の画像チェックすらやっていません…。
まだまだ全体構成は一切まとまっていませんので、まずは、このようにブログスタイルで断片的に書かせていただきたいと思います。最終的に、春菜選手のストーリーとして完成させることができればいいなと思っています。
今思い出したまま、あの時思ったまま、感じたまま、見た&聞いたほとんど事実を列記するだけです。
決して推敲を練った文章にはならないと思いますが、
全国のMXファン、春菜ファンの方にチェックいただければ幸いです。

更新は不定期、内容変更は随時となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

はじめっから長々すいませんでした。
みなさん、素敵なクリスマスをお過ごしください。     crew OHG

この1カット004







No.5 / モトクロス / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。